2006年05月31日

ドイツ×日本

田中離脱、茂庭招集を正式発表(別窓)
加地は右足首ねんざ(別窓)
あああああっ。あってはならないことがっ。加地さんっっ。ちょうどキャンプでディフェンス面が最大の議題になっているようなので、これはちょっと、いやかなり心配。まあいい方に考えれば、替わる選手は思いがけず巡ってきたチャンスでモチベーションも高まるでしょうから(実際駒野良かったしね)、ここで高いパフォーマンスを見せてくれることを期待。4年前の宮本ももともとは森岡のバックアップでしたしね。

で、試合はアウェーのほうが強いという謎のチーム日本の本領発揮であり、2点差を逃げ切れない詰めの甘さもまた日本らしいんですが、まあ、面白かったですね。バラック出てきたし、ドイツ必死だったし。あれだけガツガツ削られたのは、加地さんの件を除けば本番前にいい訓練になったかと。がしかし、これを勝ちきれないというのがまさに日本が破れない一つの壁であると思います。勝たなきゃいけないでしょ。

高原の2得点は見事。あと後半7分、ダイレクトパスの連続から最後ヤナギが外したパスワークも見事。ブラジル戦の加地の幻のゴールでもすごいダイレクトパスの繋ぎしてましたが、こういうの見るとものすごい強いチームに見えます(笑)。というかドイツDF陣はやばいですね。高原の2点目以外にも、日本にチンチンにされてる場面ありましたし。ドイツ国内の論調がどうなってるのか気になる(笑)。よりによってよく知った高原に決められているしねえ。レーマンの流れがここにきて悪くなってきてるのもどうなんでしょ。あと後半37分に大黒の超決定機がありましたが、まあ、あんなものだろう(笑)。中田のパスが素晴らしかったので決めてほしかったですが。

失点シーンはブルガリア戦に続いてセットプレーのハイボール絡みで、1点目は宮本が完全に振り切られる形。豪州戦、クロアチア戦を考えると実に不安になるシーン。2点目はまあ仕方ないっすね。

2-2引き分けという結果はある程度自信をつけつつ、問題点を再確認して適度に緊張感も保てるという意味で良かったかもと考えられます。ドイツにとっては不安しか残らない結果でしょうが知ったこっちゃないです(笑)。

えー最後に1時間ディレイの放送を必死に生中継風に演出するテレ朝の類まれなる努力には涙ぐましいものがありました。みんな死んじゃえ。
posted by TSU-KA at 19:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

心のかたち TRFのかたち

GOING UNDER GROUNDのベスト盤、曲目がまだ発表されてないようですが、シングル集だと両A面入れて16曲?シングル集でないなら「東京」は入れてほしいところ。まあ男子はみんな「トワイライト」で胸キュンして夕陽に向かって走ったらいいよ。

Where to beginWhere to begin/TRF (2006.01.18)
なんと5年ぶりのシングル。この間なにしてたんでしょうか!「うぉうぉうぉ」「いぇいいぇいぇ」の濫用は往年の大ヒット「Survival dAnce」を彷彿とさせて熱いぜぇ!小室じゃないのにめちゃめちゃ小室っぽいし。最高です。やっぱり今の日本にはTRFが必要だよ!(適当)

NEXT LEVELNEXT LEVEL/YU-KI (2006.03.23)
そしてこっちはなんと9年ぶり(!)のソロシングル。やはりあのソロデビュー作「dragon's dance」を歴史の闇に葬るためにはこれだけの歳月が必要だったということか・・・。ちゃんとアニソンっぽいかっちょいい曲だけど、最後はどうせなら「♪仮面ライダーカーブートー!」って言ってほしかった。レコ大歌手に。そういや響鬼もレコ大歌手じゃんね。

旅人旅人/ケツメイシ (2006.04.26)
相変わらずサビメロがいいので印象に残るんだけど、ほぼサビしかメロディ作らなくていいので実は恐ろしく効率のいい作り方なのかもしれない・・・。コードもいつもヒット曲定番コードだし。省エネだ。策士かも。ケツメイシ錬金術と呼ぼう。

純恋歌純恋歌/湘南乃風 (2006.03.08)
「関白宣言」→「部屋とYシャツと私」→「Life time Respect」→これ、という枠だと思ってるんですが、ダメ?




明朝のドイツ戦に備えてがんばって早く寝ます。バラックは出るのか出ないのかどっちなんだ。
posted by TSU-KA at 21:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

石橋守騎手おめでとう

競馬の祭典・日本ダービーは皐月賞馬メイショウサムソンが二冠達成。苦労人の石橋守騎手が22年目のダービー初制覇ということで、まあ、一番いい結末だったのかもしれない。2着の柴田善が勝って競馬板が祭りになるところを見たかった気がしないでもないけど(笑)。馬券はジャリスコから買って縦目。所詮シェルゲーム級なのかなあこの馬。

ヒーロー☆ヒーロー☆/hiro (2006.02.01)
これ、曲は踊れるアーランビーでかっこいいのにタイトルで損してると思う。ヒロでヒーロー、ていくらなんでも適当すぎ。曲はいいですほんとに。しかしもう一花咲かぬものだろうかhiro。こんな煮え切らないポジションで終わるのか。ボディアンソーで登場したときは、音楽界に突如誕生したダークマターと日本中を恐怖と絶望に陥れた彼女がだよ。※一部誇張表現があります

PrayPray/SOULHEAD (2006.02.01)
日本で2ステップものは無理、とか言われてたのが大昔のようです。ポップスの5〜6年はでかいよなあと改めて。カップリングは「D.D.D」のSOULHEADメインバージョンだけどちょっとリメイクが不自然(ってどっち先に作ったのかわかんないけど)。

PrayMr.Traveling Man/TOKIO (2006.02.08)
佐久間P作品(作曲は「ファンタスティポ」の人)。目まいがするほど80年代だ。クラクラしてきた。いやこれ、男闘呼組の曲だっつっても気づかないよ。これでいいのか、なんとも釈然としないが、ともあれ男闘呼組の1stアルバムはいいお皿だった。「ルート17」は名曲。

PrayCRY NO MORE/中島美嘉 (2006.02.22)
カップリングで恐縮ですが、「BLACK & BLUE」のほうが好き。こういう蓮っ葉な美嘉たんもなかなかオツだなと。表題曲も悪かないけど、韻踏みがスマートすぎる。


PrayI believe/絢香 (2006.02.01)
この国は小柳ゆきの悲劇を2度と繰り返してはならない、ということを声を大にして言いたい。



Pray桜の花びらたち/AKB48 (2006.02.01)
コンビニかなんかで聴いて、「あ、これはもしや秋元?」と思ってぐぐったらやっぱり秋元!!!イントロで予感は十分、歌が入った瞬間もう超秋元。でもまあそれって凄いことだよね。ミックスとかもうぎらんぎらんに狙いまくっています。獲物を狩る野獣のようです。んでもちろん公式サイトも一通りさらっとチェックしてみるわけだけども、んー、こりゃ、どうも、いや、参った。


電グルの「Shangri-La」のカバーはあれは卓球氏オーケー出したんでしょうか。
posted by TSU-KA at 18:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

君にも同じ孤独をあげたい

宇多田さんは相変わらず芸能人としてあまりに無防備すぎると思う。ていうか更新しすぎだし!異常に!どうした、寂しいのか!?o(´□`o)ぽんぽん!

BLOOD on FIREBLOOD on FIRE/AAA (2005.09.14)
やたらハイエナジーで無根拠にポジティヴで、とにかく前のめりに疾走しているという90年代中期を彷彿とさせる“どエイベックス”な1曲だが、いまこういうのが登場するとなんだか逆に新鮮に聞こえる。時代は動いてないようで確実に動いているのであった。

CRAGY MAMACRA”G”Y☆MAMA/hitomi (2005.11.23)
「LOVE2000」あたりの爽やかポジティヴ路線から打ち込み路線にシフトチェンジしたらしいhitomi嬢。スパイ映画サントラ風で発案元はブリトニーの「Toxic」あたりでしょうか。結構凝った打ち込みでびっくり。気付いたらもう10年選手。

指切り指切り/一青窈 (2005.12.07)
おとなしそうな顔してたまにとんでもない事(「江戸ポルカ」とか「ホチKiss」とかな)やるので一時の油断もならぬ彼女、今度はなんか突如オルタナロックに傾倒!ヘヴィなリズムになんかビヨォーンって電子音が鳴ってますけど、頭の中は「!」と「?」で埋め尽くされるばかりです!

一輪の花一輪の花/HIGH and MIGHTY COLOR (2006.01.11)
この曲のノリのよさは異常。音、ボーカル、歌詞のみならずバンドの存在自体が醸しだす、とことん内実のない「作られた」感じがなんともインダストリアルである。


星座の夜星座の夜/シクラメンのかほり/清春 (2006.01.11)
「シクラメンのかほり」を超退廃的にカヴァー。始終ピーピーガーガーいってるのがやりすぎで凄い。この曲の刹那性を退廃という形でぐっと拡大表示したようで、これはやられました。しかしほんとにこのボーカルは唯一無二だな。凄いと言わざるを得ない。


ダービーはジャリスコライト横山典(競馬界随一の2ゲッター)の2着だけは決めています。勝つのはフサイチジャンクかはたまたメイショウサムソンの2冠か。マルカシェンクの復活か。サンデーサイレンス最後のダービーなので、サンデー産駒に勝ってほしいなぁ。ほんとに偉大すぎる。
posted by TSU-KA at 19:09| Comment(5) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

ドイツワールドカップ適当予想

代表厨かつウイイレ厨の私がW杯を決勝トーナメントまで予想。長いので畳みました。寛容な方のみどうぞ。

CL決勝どうしようか迷っています…見たら明らかに明日死ぬし。でも見そうだ

続きを読む
posted by TSU-KA at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

MY MUSIC AWARD 2005

MY MUSIC AWARD 2005
今更にも限度ってもんがありますが。去年の私的ベスト。なんとか半年過ぎないうちにアップ成功!

ところでW杯も近いということで、ヤングジャンプに連載中のキャプ翼を見てない人は一度立ち読みしてみるといいと思います。漫画という概念を越えたなにかに到達しており、衝撃を受けること必至です。

ていうか、まあ、紙芝居なんだけど。嗚呼、無印の小学生編はあんなにも熱いのに・・・。
posted by TSU-KA at 01:48| Comment(7) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

ナカムーラ、ナカタヒーデ、ヤナギザーワ、

タマーダ、マキ。(オオオオオオオ)
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/data/mem_06germany.html

というわけで決まりましたね。久保でなく巻、というのがちょっと意外だったけどほぼ順当、というかここでひっくり返るような人選されるほうがまずいわけだけども(笑)。久保はコンディション間に合わなかったってとこですかねー。一昨年がワールドカップだったら良かったんですが。巻は最後まで頑張った甲斐がありましたねー。短期決戦のFWはわりと水物だったりするだけに、コンディションの整わない久保よりも、新興勢力を一人入れるほうを取った、というのはわからんではないです。全く予想してなかったけど(笑)。
考えてみると、ヘタすると最終予選よりも危ない状況だったアジア1次予選、緒戦のホーム・オマーン戦でロスタイムに決勝ゴールを決めたのが久保。そしてアウェイのオマーン戦で1次予選突破を決めたのは我らが師匠・鈴木でした。この二人がドイツのピッチには立っていないと思うとなんとも残酷にも思えるけども、しゃーないっすね。厳しい世界です。
あと中盤は稲本が微妙で松井かも、と思ったんだけど、結局ジーコジャパン当初の"黄金の4人"はそのままということで。途中投入ということを考えると松井のほうが・・・とも思うんだけども、まーしゃーないっす。
ま、ともかくあと1ヶ月どうやってクロアチアの上に行くか、を考え抜いてほしい。正直イメージわかないので・・・。むしろブラジルから1点ぐらい取るイメージのほうが沸くけども(笑)。ここからは変に自身のアピールに気を張ることもないし(スタメン争いはありますが)、久々にチーム作りの期間があるので、本番に向けて良くなっていってほしい、というかなってもらわなきゃ困るっ。

ともあれグラサンをかけた中澤が探偵物語みたいですごいわろた。
posted by TSU-KA at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

シングル感想

休業中に気になった曲の感想とかぽつぽつ書いていきます。

EASY LOVEEASY LOVE / BITCH AS WITCH/氷室京介 (2006.02.08)
我らがヒムロック様がBOOWYでメジャーデビューしてから来年で25年(!)。邦楽界もバンドブームだの、小室ファミリーだの、ヒップホップブームだのといろいろあったわけですが、その間氷室イズムは微動だにせず不変。この曲もど頭1秒、「♪いぃぃじぃぃぃんらーーーぅ」からしてもう、あのヒムロックの歌唱時のポージングとか想起せずにはいられないし。微妙に斜めなんだろうな、とか。このコメントなんかにしてももう、たった三行ながら氷室イズムをびんびんに感じざるを得ないし。「最高のバイブを共有」だからな。ここでそのものずばりピンク色の物体を思い浮かべてしまう俺なんか死んでしまえ。
前も対談企画で話したんですけど「VIRGIN BEAT」のPVはほんとに高い(制作費じゃなくて、高度が)ので見たほうがいいっす。

No LimitNo Limit/三浦大知 (2006.01.11)
再デビュー以来ひそかにストークしている三浦君なんですが。相変わらずいいですよ。需要の微妙そうなところに構わず突き進んでる感じが(笑)。つうかファン層がいまいち見えんですよね。でも、このまま踊れる路線で行ってほしいなあ。変なテコ入れとかしなくていい状況でいてほしい。
とかいってまだアルバム聴いてない。聴いたらまた何か書くかも。

DDDD.D.D feat.SOULHEAD/倖田來未 (2005.12.21)
コンテンポラリーな早口アーランビー。これはかっちょいい。なかなか中毒性高い。倖田のシングルとはいえ成分的にはほぼSOULHEADな曲というか、倖田に乗じてもう一度SOULHEAD推しとこうという感じですか。デビュー曲以来パッとしてなかったからなー。ともあれ十分アピールたり得るナンバーかと。日本語でこういうのがぽんぽん出てくるようになってるというのはいい感じです。PVもコラボ感が出ていて良いっす。もちろん倖田だからエロなんだが、パンツって最初から見えてたら別にエロくないと思うんだよ!

SPARKLETRAINSPARKLE☆TRAIN/SOULHEAD (2005.12.14)
というわけでまんまと抱き合わせ商法に引っかかっている私。というか、「STEP TO THE NEW WORLD」以来いまいちパッとしたシングルがなかったんだけど、これは良いので仕方ない、ということで。全体を通してノンストップなループ感の気持ちよさが途切れずにかつ、局所的にはフックがあってダレない、という塩梅が「STEP TO THE〜」「D.D.D」と同様うまいこといってるのではと。次はHeartsdalesもなんとかしてやってください。

passionPassion/宇多田ヒカル (2005.12.14)
前作が「♪母さんどうして〜」で次がこれって、これはもう自分でハンドルを駆ってどこへなりと好きなところへ行きます、という表明にほかならないですね。だってどう考えても売れないし、これは。まあ売れた人ほどそういうタイミングってどこかで必要だと思うんだけど、なんともあっさりこうしてシフトチェンジしてしまうあたり、やっぱりこの人は若くして老成してるなあと思わざるを得ません。こっからが楽しくなりそうというか、そうなってほしいっす、是非に。ジャケ写好き。

noimageソメイヨシノ/ENDLICHERI☆ENDLICHERI (2006.02.01)
ソロ名義をなんのこっちゃようわからん変名プロジェクトに変え、剛のソロ作へのこだわりはよりキンキファン層とはおそらくおよそかけ離れたところへと疾走する。エンドリケリーって、アフリカの古代魚なんだって。なんだそれ!アレンジがなんか70年代サイケ〜プログレチックで渋いけど、その球どこに向けて放りたいんだ剛!?でもそんな不器用な剛が好きなのさ。情感たっぷりに「♪濡〜れ〜ねずみぃぃ」と嗚咽するカップリング「濡れ鼠」もかなりあさっての方向で、良すぎる。

ツンデレに続き素直クールというムーヴメントが発生しているようですがここまでくるともうさっぱりわかりません。例えば具体例挙げると誰?ジャガー横田とかか?(全然違うっぽい)
posted by TSU-KA at 19:58| Comment(2) | TrackBack(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

ファイナルファンタジー12

ff12ファイナルファンタジー12
2006・スクウェア・エニックス・プレイステーション2

ふぃ〜。やっと終わった。後半かなり息切れしましたけども、なんとか。もうこういう大作ゲームやる体力ないかもなあ。

レベル上げ&金稼ぎしないときつい、ひたすらモンスター&アイテム狩り、それに対してシナリオがおまけのようになっている(後半にいくほどどうでもよくなる)とか、これって昔のRPGのバランスだよね。まるでものすごい絵面の豪華なウィズをやっているような趣。シナリオを見せるためのRPGとしての進化を率先して行ってきたFFが、こういうバランスのゲームになったというのはびっくり。個人的には嬉しい誤算で、方向性としては好感が持てた。

しかし、同時にほかのシリーズに比べて看過しがたいツッコミどころもものすごく多い。普通に銃器がんがんぶっぱなしてるのになんで兵隊は剣と鎧で戦争してるの、とかそれはまあゲームだからええやんでもいいのだが、キャラにはそれぞれ個性があるのに戦闘では育てるほどに無個性になってしまうライセンスシステム、こっちの武器には射程距離あるのに敵の打撃は離れてても当たるんなら動ける恩恵ないじゃんな戦闘、唐突に超人的な技を繰り出す上に特に面白くない連携をするミストナック、使いどころのない召喚獣、設定や伏線が生かされず、いくらなんでもあまりにゆるすぎる後半のシナリオ、アーシェたんのツンデレ具合が半端、とか(最後のはどうでもいい)、このへんはずっと頭に疑問符が浮かんだ状態でちょっと看過できない。いままでのFFシリーズと比べてちょっと考えられないぐらい細部(細部でもないな(笑))の作りの粗さが目立つ。方向性は好きだっただけに余計惜しさが残る。せっかくなんだからちゃんと作ってほしかった、というのが感想。名前だけで売れるゲームなんだから、あらゆる面で相応以上のクオリティを保ってないといかんと思うのですよ。なんだか全体的に粗いなあ、と。

まだモブとか召喚獣とか残ってるんだけど、もうヘトヘトです。シナリオクリアで気持ちが折れました。2周はやろうと思ったけど、しばらく無理だなぁ。時間ないし。まあ、一番思うのは、このゲームはラーサーたんの存在でだいぶ救われているね!(どかーん)
posted by TSU-KA at 01:52| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記・雑記・メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

ちょっとずつ復活中

冬眠から覚めました。TSU-KAです。名前変わってるが気にするな!や、「TSUKASA」だと作曲家の方がいるんで、前から気になってたんすよね。なのでこれを期に。よろしくお願いします、つーかです。

とりあえずここでぼちぼちやっていきます。やる気のない感じでやっていきます。シンプルなのが好きなんだ。シンプルすぎて目が痛い。白すぎる。もうテキストも白くしちゃおうかな、っていうぐらい白い。まあデザインセンスがないので、こんなもんで。

「J-POP CRAZY」の過去ログは全部残してあります。サイドバーのリンクのとこから飛べます。自分で読み返すのも恥ずかしいのが沢山あるけど。でも自分が人様のサイトを見る場合、ログが突然なくなるのは実にショックなので。

「TSUKASAの巣」のほうは、まあろくに使わないで終わったんですが、整理して残すのはどこかしらに残しときます。しょーもないのは消すけど。

と、いうわけで、蛇行運転ではありますが、今後ともお付き合いくださる方はお付き合いくだされ。ではっ。
posted by TSU-KA at 20:18| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記・雑記・メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。