2006年05月14日

シングル感想

休業中に気になった曲の感想とかぽつぽつ書いていきます。

EASY LOVEEASY LOVE / BITCH AS WITCH/氷室京介 (2006.02.08)
我らがヒムロック様がBOOWYでメジャーデビューしてから来年で25年(!)。邦楽界もバンドブームだの、小室ファミリーだの、ヒップホップブームだのといろいろあったわけですが、その間氷室イズムは微動だにせず不変。この曲もど頭1秒、「♪いぃぃじぃぃぃんらーーーぅ」からしてもう、あのヒムロックの歌唱時のポージングとか想起せずにはいられないし。微妙に斜めなんだろうな、とか。このコメントなんかにしてももう、たった三行ながら氷室イズムをびんびんに感じざるを得ないし。「最高のバイブを共有」だからな。ここでそのものずばりピンク色の物体を思い浮かべてしまう俺なんか死んでしまえ。
前も対談企画で話したんですけど「VIRGIN BEAT」のPVはほんとに高い(制作費じゃなくて、高度が)ので見たほうがいいっす。

No LimitNo Limit/三浦大知 (2006.01.11)
再デビュー以来ひそかにストークしている三浦君なんですが。相変わらずいいですよ。需要の微妙そうなところに構わず突き進んでる感じが(笑)。つうかファン層がいまいち見えんですよね。でも、このまま踊れる路線で行ってほしいなあ。変なテコ入れとかしなくていい状況でいてほしい。
とかいってまだアルバム聴いてない。聴いたらまた何か書くかも。

DDDD.D.D feat.SOULHEAD/倖田來未 (2005.12.21)
コンテンポラリーな早口アーランビー。これはかっちょいい。なかなか中毒性高い。倖田のシングルとはいえ成分的にはほぼSOULHEADな曲というか、倖田に乗じてもう一度SOULHEAD推しとこうという感じですか。デビュー曲以来パッとしてなかったからなー。ともあれ十分アピールたり得るナンバーかと。日本語でこういうのがぽんぽん出てくるようになってるというのはいい感じです。PVもコラボ感が出ていて良いっす。もちろん倖田だからエロなんだが、パンツって最初から見えてたら別にエロくないと思うんだよ!

SPARKLETRAINSPARKLE☆TRAIN/SOULHEAD (2005.12.14)
というわけでまんまと抱き合わせ商法に引っかかっている私。というか、「STEP TO THE NEW WORLD」以来いまいちパッとしたシングルがなかったんだけど、これは良いので仕方ない、ということで。全体を通してノンストップなループ感の気持ちよさが途切れずにかつ、局所的にはフックがあってダレない、という塩梅が「STEP TO THE〜」「D.D.D」と同様うまいこといってるのではと。次はHeartsdalesもなんとかしてやってください。

passionPassion/宇多田ヒカル (2005.12.14)
前作が「♪母さんどうして〜」で次がこれって、これはもう自分でハンドルを駆ってどこへなりと好きなところへ行きます、という表明にほかならないですね。だってどう考えても売れないし、これは。まあ売れた人ほどそういうタイミングってどこかで必要だと思うんだけど、なんともあっさりこうしてシフトチェンジしてしまうあたり、やっぱりこの人は若くして老成してるなあと思わざるを得ません。こっからが楽しくなりそうというか、そうなってほしいっす、是非に。ジャケ写好き。

noimageソメイヨシノ/ENDLICHERI☆ENDLICHERI (2006.02.01)
ソロ名義をなんのこっちゃようわからん変名プロジェクトに変え、剛のソロ作へのこだわりはよりキンキファン層とはおそらくおよそかけ離れたところへと疾走する。エンドリケリーって、アフリカの古代魚なんだって。なんだそれ!アレンジがなんか70年代サイケ〜プログレチックで渋いけど、その球どこに向けて放りたいんだ剛!?でもそんな不器用な剛が好きなのさ。情感たっぷりに「♪濡〜れ〜ねずみぃぃ」と嗚咽するカップリング「濡れ鼠」もかなりあさっての方向で、良すぎる。

ツンデレに続き素直クールというムーヴメントが発生しているようですがここまでくるともうさっぱりわかりません。例えば具体例挙げると誰?ジャガー横田とかか?(全然違うっぽい)
posted by TSU-KA at 19:58| Comment(2) | TrackBack(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。はじめまして!
休業前から楽しませてもらってたものです。
コメントは初めてします。
大知君のこのシングル、かっこいいですよね。
アルバムも微妙に濡れたボーカルがいい味出してて、なかなか良かったですよ。まだ若いし、
これからが伸びるんじゃないですかね。安室と一緒に踊れるR&B路線を引っ張っていって欲しいですよね。あと、コーダさん。なんだかんだ言っても世間の流れに乗せられてベストは2枚とも買っちゃいました。「D.D.D」はずば抜けてかっこいいですよね。ちょっとブリッジとフックのつながりが無理やりっぽいけど。好きです。ちなみにうちもしょうもない音楽ブログやってるんでよければお暇なときにでもお越しください!
Posted by hirocks at 2006年05月14日 22:33
コメントどうもですー。踊れるアーランビーは、女性陣は結構弾が揃ってきたかなと思うんですが、男性でこっち方面あんまりいないので、頑張ってほしいですね。需要はほんとに微妙だとは思うのですが。アルバムも早いとこ聞こうと思います、はい。
「D.D.D」はPV見るとやっぱり「Lady Marmalade」あたり狙ったんでしょうかね?12週連続(無茶すぎる)の中ではダンチでよかったです。次点が「Lies」かな?
ブログ覗かせていただきましたー。拝見するに、多分に雑食でいらっしゃりそうなところに勝手に親近感を感じさせていただいたり(笑)。時間があるときに過去ログじっくり読ませていただきたいと思います。コメント入れさせていただくかもしれませんがその節はよろしくです。
Posted by TSU-KA at 2006年05月15日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

倖田來未 BEST second session
Excerpt: まさに名実共にトップアーティストになった倖田來未が、2枚目のBEST ALBUMを発表!! 限定で発売され予約完売状態の12週SINGLEに加え新曲を収録した、まさにファン待望、渇望のBEST ALB..
Weblog: 倖田來未 BEST second session
Tracked: 2006-05-14 22:41

EASY LOVE
Excerpt: BY 氷室京介 あんまりメディアに出ないヒムロックのかっちょ良いバラードです秊 なんか僕は氷室さんの曲ってのは、凄く気に入るのとちょいイマイチってのに別れるんだけど、EASY..
Weblog: 僕らの音楽広場
Tracked: 2006-06-05 07:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。