2006年06月19日

小さな足跡

日本0-0クロアチア
決定的な彼のシュートが外れたのも、PKを防いだのも全てひっくるめての勝ち点1は、これが現状の精一杯かなあと思う。確かにあのシュートが外れたシーンは頭に来たがあのプレイ一つのせいで勝てなかったわけでもないし、決定力不足も今に始まったことではない。ジーコの采配は緒戦よりも適切だったと思うけど一戦遅かった。全てを含めて、あくまでこの4年間なりの精一杯、ではあったのではないかなと思った。その是非については全てが終わったあとにそこかしこでいくらでも議論されるだろう。

日本なんて楽勝、と吹いていたクラニチャール以下に一泡吹かせて、アウェイのワールドカップでの初の勝ち点1。これもまた、僅かであっても前進であり歴史の積み重ねである。かといって、大会終了後マスコミが“感動をありがとう!”状態になるのは御免だけれど・・・。

おっと、まだ終わったわけではなかった。残された希望はブラジルに2点差以上で勝つこと。うーん、なんとも絶望的な希望だな(笑)。

あ、加地さんはかっこよかった。ペットボトル係と揶揄されていた頃からよくぞここまで・・・と胸が熱くなりましたよ。

ブラジル2-0オーストラリア
相変わらずなんだか体が重そうな(ロナウドの体重のことではない!)セレソン。それでもオーストラリアがいっぱいいっぱいにやって2-0だから流石なんですけども。

フランス1-1韓国
開始早々9分にアンリがフランス代表にとって優勝した98年大会以来のW杯での得点を決める。ここまではよかったが、その後は再び煮え切らないプレーに終始。といっても守備ブロックはさすがに堅実で、前半など韓国にほとんど何もさせなかった(韓国のシュートも実質0本)のだが、マイボールになると不思議なほど走らない。中盤でボールを持っても連動した動きが少なく、縦に入れようにも出しどころがなく、サイドで囲まれてもフォローがない。クロスを入れても中に誰もいない。誰も走ってないんだもの。

32分にはジダンのコーナーキックをヴィエラがヘディングシュート、これをGKイ・ウンジェがゴールの中ではじき出して結果ノーゴールの判定。極めて微妙な判定ではあったが同情はできない。

後半に入ると形勢不利な韓国はイ・ウリョンに替えてソル・ギヒョンを投入、彼を最前線に置いてロングボールを放り込む戦術にチェンジする。覇気のないフランスと単調な韓国、ひどく退屈なゲームになってしまった。

フットボールの神様はフランスの怠慢を許さない。81分、右からのコーナーキックを左のチョ・ジェジンが頭で落とし、パク・チソンが浮かしたボールはGKバルテズの頭上を越えてフランスゴールに吸い込まれた。

これで焦ったフランスは見違えるような勢いで攻めに出るが残された時間は少なく、逆にアビダルとジダンがイエローカードを貰って次節は出場停止。フランスは前回大会から数えて5試合連続未勝利に終わった。


フランスは内部に問題でもあるのか、それとも1点取れば安心だと思ってしまったのか。ちょっとこの覇気のなさは解せません。ユーロ04で敗退したときにジダンだったかが言っていたと思うんですが、「我々はもう自分達が強豪国ではないということを認識する必要がある」という言葉、まだ覚えているでしょうか。


今夜の試合。ちょっと休憩しようかなと(笑)。
グループG トーゴ×スイス
グループH ウクライナ×サウジアラビア
グループH スペイン×チュニジア
posted by TSU-KA at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
彼のシュートは少年サッカーの指導者がよくないキックの代表例として取り上げる気がします。まぁ、プロ野球においてもベース踏み忘れる選手がいるぐらいですから、本番でこういうミスが起こるのは仕方ないんですかね。
あのときのベンチの苦悶の表情は忘れられません。

スイス2-0トーゴで韓国が微妙に苦しい立場に追いやられていますね。アジア枠大丈夫か…
Posted by おーたっち at 2006年06月20日 18:04
まあ、あの瞬間は本当に何が起こったの、という感じだったんですけども(笑)。ま、もう一人の彼もほとんど消えていましたし、いくらこういう舞台ではチャンスは少ないとはいっても決定的なのはあれぐらいでしたからね・・・。私が責めなくてもさんざん責められるでしょうから、私は黙っておきます(笑)。

うーん、サウジも前回に続き欧州にボコられてしまいましたし、イランも良かったのはメキシコ戦の前半ぐらいで・・・。減るかもしれないですね。アフリカも組み分けはともかく結果はいまいちなんですけど、そのへんのバランスでどうなるか。あ、でもガーナがいるか・・・。
Posted by TSU-KA at 2006年06月21日 01:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19488810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。