2006年06月28日

悪夢を振り切る意志

イタリア1-0オーストラリア
ベスト16。目の前にはチームこそ違えあのヒディンク。イタリアはトニ、ジラルディーノ、デルピエロの3トップ。トッティはベンチ。オーストラリアはキューウェルが松葉杖をついて入場。アジジ作戦・・・じゃないよねいくらなんでも。

ガツガツと攻め立てるでなく、落ち着いた的確な守備でオーストラリアの攻撃をいなし、カウンターでチャンスを作り出すイタリアのプレイぶりは、悪夢を繰り返すまいという静かな決意と、自分達の最終ライン及びGKの守備力への自信を窺わせるものだった。堅牢な守備の中、カウンターから何度か得点チャンスを生みだすが最後のところでトニ、ジラルディーノが押し切れない。

最大の決定機は22分、ピルロから縦のセンタリングをPA内でゴールに背を向け受けたトニが素早く反転しながらシュート、しかしこれをGKシュウォーツァーが足でセーブ!打つほうも打つほうなら止めるほうも止めるほうだ。

決定機を決め切れずに迎えた後半、悪夢の影が再びイタリアに忍び寄りはじめる。立ち上がり51分、ブレッシアーノの突破をタックルに行って期待通りにマテラッツィが退場。でもちょっとこれは厳しい判定。躊躇なく赤が出たのはマテラッツィだからなのか。

仕方なくイタリアはトニを下げてDFバルツァッリをin。前線でボールが収まらなくなり徐々にオーストラリアに攻め込まれ始める。ピルロを押さえ込まれ、オーストラリアの圧力を耐え忍ぶ展開。しかしそのことが逆にイタリアの守備の強さと凄味を際立たせてもいた。攻めてはいても得点の気配はしないオーストラリア。ヒディンクは動かないのか、動けないのか。

74分、デルピエロに替わってトッティ登場。これでイタリアは少し中盤の支配を取り戻す。しかし前線にはイアキンタのみで効果的な攻撃は繰り出せない。じりじりした空気の中ロスタイムに突入。3枚使い切ったイタリアに対しヒディンクはカードを2枚残している。延長勝負か。イタリアはまたも悪夢に呑まれるのか、そんな思いもよぎったが、しかし。

ロスタイムも残り1分を切った頃、オーストラリアの最後の攻撃を防いだイタリア陣内から左サイドのグロッソにロングボールが出る。そのままドリブルでPA内に侵入。DFニールが滑り込む。グロッソが倒れる。笛。PKだ。グロッソに駆け寄り抱きつくイタリアの面々。残り時間はおそらく数秒だった。

キッカーはトッティ。決める。4年前退場の憂き目に会った男が自ら悪夢を振り払い、そのまま試合終了の笛が鳴った。


なんともまあドラマチックな幕切れ。最後のPKは、うーん、倒れたいところにちょうど滑り込んできてくれたというところかも(笑)。試合の流れ的にはイタリアが自滅しそうな感じでもあったんですが、今日は踏ん張りました。


ウクライナ0-0(PK3-0)スイス
お互いよく守るも攻めては少しアイディアと決め手を欠き、中盤で拮抗し決定機が少ない展開。悪い試合ではないものの噛み合いすぎて盛り上がりには欠ける内容。前半の超決定機も仲良く1本ずつバーに当てている(笑)。後半はさらに停滞しこんな感じで120分やってPK戦だと辛いなあ・・・と思っていたらその通りになってしまった。

今大会初のPK戦は1番手のシェバがこういう大舞台のPK戦のお約束のように外し暗雲立ち込めるが、スイスがなんと3人連続失敗。PK戦に入ってまでゴールを割れず、残りをウクライナが全部決めて決着。こんなPK戦はあまり記憶にない(笑)。スイスは4試合通じて負けなしどころか無失点で敗退するというこれも珍事。自国開催のユーロでまた頑張ってほしいです。
posted by TSU-KA at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。