2006年06月28日

魔法を信じるかい

フランス3-1スペイン
万年優勝候補のスペインと信用を落としまくっているフランスの信用ゼロ対決。とはいえフランスの守備ブロックは堅くスペインにキープはさせても決定機は作らせない。テュラムが、サニョルが、マケレレがさすがのボール奪取を見せる。あとは得点さえ決められれば・・・というところだが今日のフランスは攻撃にも輝きが戻っていた。

負ければ即それがラストゲームのジダンは韓国戦のイエローで1戦休んだのが良かったのか溌剌とした動き。ヴィエラも守備だけでなく攻撃にも積極的に絡みよく走っている。MOMも納得の働き。トーゴ戦では景気よくゴール外へシュートを打ち上げていたリベリも何度か素晴らしいサイド突破を見せている。アンリはスペインのDFライン裏を執拗に狙い、何度もオフサイドを取られるがこの動きがじわじわスペインDF陣の神経をすり減らせていた。41分、オフサイドポジションのアンリで釣っておいて走りこんだリベリがDFライン裏に抜け、カシージャスとの1対1を決めての同点弾はそれまでのアンリの動きが実を結んだものだった。

後半、1-1のスコアのまま張り詰める緊張感の中、試合は拮抗する。スペイン・アラゴネス監督は54分に早くもラウル、ビジャを下げてルイス・ガルシア、ホアキン投入の2枚替え。72分にはシャビに替えてセナで交代枠を使い切る先手の采配も、流れを転覆するには至らなかった。キープでは上回るものの効果的な攻撃に結びつけることが出来ず、ボールを奪われてはフランスにカウンターでつつかれる。

お互い突破口のない流れの中、唐突に試合が決まったのは83分。PA手前、アンリの突破をプジョルが肘で止めた判定でファウル。アンリのほうから突っ込んだ感じもあったけれど、んー。このFKをジダンが蹴ってもつれたところをヴィエラが押し込み2-1。ロスタイムにはジダンがDF裏に抜けて追加点。ラストダンスはまだ、終わらない。魔法をかけられたフランスがブラジルを倒し、決勝へ。そんなドラマを果たして見られるのだろうか。


2点目に繋がったファウルは微妙なところで、好ゲームだったのでこれで決まってほしくなかったという思いもちょっと。でもフランスはGLと見違える試合ぶりで勝利に値する内容ではありましたね。この審判は抑制も効いていて素晴らしかったし。そして終わってみればいつものごとくいつものスペイン。騙す貴方が悪いのか、信じる私が悪いのか。

しかし次のブラジル×フランスはこれは楽しみですね。ほかに決勝までブラジルを止められそうなのがこっちの山にはいないので。


ブラジル3-0ガーナ
果敢にも高い位置を保つガーナDFラインの裏を突き、少ないチャンスを確実にモノにしてブラジルが3得点。対してガーナは王者に対し攻め立て、何度も惜しいチャンスを作り出しながらGL同様に最後の一手、二手が雑で得点に結びつかず。この決定力不足は人事でない(笑)。1-1に出来れば面白かったけど、前半ロスタイムにオフサイド臭い2点目を決められて苦しくなってしまいました。

ロナウドがW杯通算ゴール数の新記録を達成。どうせなら日本戦で達成してくれれば、日本の名前も記録に残ったのに(笑)。ロナウジーニョはシーズン後半からずっとキレキレという感じではありません。ブラジルが優勝するなら彼の爆発が見たいのだけど、そうでないならどっかがやっつけてほしい(笑)。


ベスト8はドイツ、アルゼンチン、イタリア、ウクライナ、イングランド、ポルトガル、ブラジル、フランス。予想とはフランスとスペイン、ポルトガルとオランダが完全に逆目なので全くハズレですね。4強に予想したイタリア、ウクライナ、アルゼンチンも全部同じ山だし・・・。とりあえず準決勝でアルヘン×イタリアが実現するように祈りましょうかね。
posted by TSU-KA at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19985253

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。