2006年07月10日

男はそれを我慢できない

イタリア1-1(PK5-3)フランス
勝っても負けても大団円になるはずだった表彰式。嗚呼、この場所にまさかジダンがいないなんて!最後の最後の最後で、まあ、これもらしいっちゃあらしいけれど、ここで気性の悪さを出さなくても・・・ねぇ。我慢、できなかったかなあ。はあ・・・。

それでも110分間は息の詰まる熱い決勝戦だった。立ち上がり7分にいきなりマテラッツィがマルダを倒してPKを与えてしまったと思ったら、19分にピルロのCKをそのマテラッツィがヴィエラの上からヘディング、自ら得点を奪い返す。マテラッツィ劇場。その後もテンションの高い青の波が、フランスを呑み込みカップを奪い取らんと攻め立てる前半だった。

しかし、後半から延長にかけては一転してフランスが逆襲。57分に攻守両面でフランスの決勝進出に大きく貢献してきたヴィエラが負傷交代するアクシデントがあったものの、前半に比べ勢いの落ちたイタリアを攻め立てる。特に最前線のアンリが今日は終始危険な匂いを漂わせ、屈強なイタリアDF陣に対し全く怯まず挑み、何度もゴールにあと一歩のところまで迫る。

イタリアはドイツ戦に続いて積極的な選手交代をし、セットプレーなど単発のチャンスはあったもののついに流れは変わらず、ギリギリで耐え忍ぶ苦しい戦いに。後半8分、PA内でザンブロッタがマルダの突破を倒したシーンは前半のPKのシーンよりPKっぽかったが、笛は鳴らず。延長、ワンツーから抜けたリベリの危ういシュートが右に外れ冷や汗、直後サニョルの右からのクロスをジダンが強烈ヘッド、これをなんとかブッフォンが弾く。決まっていたら本当におとぎ話だったが、しかし、ジダンが試合終了の笛を聴くことなくピッチから去ったのは、その7分後だった。偉大なるジダンのラストプレーは、頭突き・・・。

当然スタジアムは騒然。頭突きのシーンのリプレーがどうやら場内で流れなかったらしく、イタリアがボールを持つと大ブーイング。素晴らしい決勝戦、そしてあと10分と少しで大団円を迎えるはずだった出来すぎたおとぎ話は、なんと主役自らの手によってぶち壊されてしまった。

混乱の中、イタリア鬼門のPK戦に突入。ユーロ2000決勝でイタリアを失意に突き落としたトレゼゲが外す。対してイタリアは4人全員が決め、ラストキッカーはラッキーボーイ・グロッソ。02の悪夢ヒディンクにうち勝ち、00の失意フランスを振り払い、PK敗戦の歴史を覆し、そして大スキャンダルの喧騒を乗り越えて。力強く戦ったアッズーリに、再び歓喜は訪れた。

一夜明けて、自国に帰れば問題は山積み。束の間の歓喜かもしれないけれど、いいじゃないか。世界最大の祭りが魅せてくれる夢は、甘美で、熱狂的で、そして儚い。
posted by TSU-KA at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。