2006年07月16日

アジアカップ予選プレビュウ

こんにちは、露鵬です。カッとなってやった。
26時間テレビほとんど見てないんですが、どんなもんですか、今年は。

プレビューつってももうとっくに今年頭から始まってるんですけど。国家代表厨として、次の楽しみは来年のアジアカップなのでふれておく。W杯もいいけどアジア同士のガツガツした骨肉の争いもいいもんだよ。

さて来年のアジアカップはインドネシア・マレーシア・タイ・ベトナムの4カ国の共催で、ということはこいつらみんな開催国として無条件に出てくるのでそのぶん例年より出場枠が狭き門になり、さらに新しいお友達のオーストラリアも加わって予選に死の組ができている。

※()内は前回大会の成績

グループA:日本(優勝)・サウジ(GL敗退)・イエメン・インド
W杯ではボコボコにされてもアジアでは四天王!

グループB:イラン(3位)・韓国(ベスト8)・シリア・台湾
なんでかW杯出場国が2つずつ同居。

グループC:UAE(GL敗退)・オマーン(GL敗退)・ヨルダン(ベスト8)・パキスタン
中東の血で血を洗う仁義なき三つ巴。

グループD:オーストラリア・クウェート(GL敗退)・バーレーン(4位)・レバノン
W杯出場国と最終予選進出国2つ。これはちょっとかわいそうだ(笑)。早くもオーストラリアにはバーレーンがホームでボコられてるし、ほんと難敵がやってきましたな。

グループE:中国(準優勝)・イラク(ベスト8)・シンガポール・パレスチナ
シンガポールはたしか2010年計画とかいって強化中だった気がするんだけど、どんなもんなのか。

グループF:ウズベキスタン(ベスト8)・カタール(GL敗退)・バングラデシュ・香港
うーんやっぱりこの組み分けはなんだか理不尽なものを感じる。


オシム監督はそりゃ文句ないけど就任の経緯がめちゃくちゃすぎてなーんか素直に喜べないですね。テンション低い。ジェフサポの人の心情考えてもそうだし、つい1ヶ月前のことがなかったことになっているのも非常に狡猾なやり口で。オシムさん、断っちゃえば面白かったのにとか思っちゃった。
posted by TSU-KA at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。