2006年07月31日

悪そうな奴はだいたい細木

タイトルもう飽きてきたのでやめます。

一瞬先頭も…ハーツ3着/Kジョージ(別窓)

欧州最高峰レースの一つキングジョージに参加したハーツクライは直線半ばで先頭に立つシーンを見せるも、結局勝ったハリケーンランから1/2馬身+1/2馬身差の3着。惜しかったけど惜しくない、そんな感じで、先着した2頭はやっぱり流石に強かった。でもハーツも強かった。世界の現役最強クラスの馬2頭とともに3強の前評判を得て、その通り3頭で叩き合いを演じるレースをしたのは評価されるべきだと思う。

まあ、ハーツだけがドバイ以来4ヶ月の休み明けだったので、もし前哨戦を使っていればどうだったか、という思いは残ってしまったけども。橋口調教師はジャパンカップで雪辱したいと仰っているけども、ホームでなら既にモンジューなんかを負かしてしまっているので、やっぱカタルシスは薄いんだよな。
posted by TSU-KA at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・雑記・メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハリケーンランはジャパンカップきても、卒業旅行って感じじゃないですかね。おそらく今年いっぱいで現役引退して種牡馬入りでしょうから
Posted by おーたっち at 2006年07月31日 23:22
ですよねー。日本で種牡馬入りだと、お披露目勝利しちゃう場合もありますけど。ま、この敵はディープに討ってもらいましょう・・・。

エレキューには先着してほしかったなあ。ロブロイに続いてやられてしまいましたね。ハリケーンランは仕方ないにしても、それが悔しいな。
Posted by TSU-KA at 2006年08月01日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。