2006年08月10日

HOSOKI・愛してもらいます

や、記事タイトル考えるのって結構大変で。めんどくさいときは細木にすればいいかなと。こっちには細木あるんよ、こりゃ有利です。(なぜかラモス)

オシム監督が仰天会見!「負けたい」発言

会見全文を読む限り、負けたいとも言ってないし仰天するような会見でもないわけだが。まあ読者を煽るのに必死なのか、本当にニュアンスを読み取れずにこう受け取ってしまったのか(いくらなんでもそりゃないと思うけど)、どっちにしろ極めてくだらないですねえ。

それよりも、最後の段でメディアとスポンサーが作り出すスターシステムをばっさり否定してるのが注目だと思うんだけど、それはどこの社も言及してない(笑)。

この人は、本気で日本代表そのものだけでなく、それを取り巻く環境まで是正しようとしているのかもしれない。何かあったときに守ってあげられるのは、サポーター(私達、とは決して言いません)だけですよ、これ。

試合そのものは、まあ、あっという間に全然違う面子になってしまって不思議な感じがしますが、むしろやっとまともに戻っただけだよなあという思いもあり。だから最初の試合でアレックスが2得点したってのは実に象徴的じゃないっすか。そうだ、彼は攻撃の選手なんだよやっぱり(笑)。


あと五輪代表の中国戦。2-0で勝つには勝ったが、内容では、ことに一対一においては完全に中国が上回っていた。オーストラリアに加えて、中国も強くなってきたらと考えると実に恐ろしい。日韓サウジイランに中国豪州といて、この中から3チーム(か、あと0.5チーム)しかW杯に出れないって考えたら恐怖ですよ。ほんとうかうかしてられないっつーか、既に日本の指定席なんてありませんよ。


今日から1週間ばかし旅に出てきます。探さないでください。
posted by TSU-KA at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。